ベースメイク

ベースメイクはナチュラルメイクで

ベースメイクはメイクの土台部分。なるべく素肌に近い自然な色合いのファンデーションを使い、ナチュラルメイクを行いましょう。
乗りが悪い場合は化粧下地を使います。クマやシミ・シワは、コンシーラーなどを使ってしっかり隠すのもポイントです。
ベースメイクのカテゴリーには、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーなどが含まれます。

ベースメイク記事一覧

ベースメイクの手順

基本的なベースメイクの手順を解説しますので、参考にしてください。ベースメイクの手順はまず洗顔からはじめます。やさしく洗顔フォームを顔になじませたら、肌に負担のかからないように優しく洗います。36度くらいの体温に近いぬるま湯で洗い残しのないようにきちんと流し、タオルで押さえるように水分を拭き取ります。...

≫続きを読む

 

ナチュラルメイクの仕方

ナチュラルメイクの仕方は、素肌をより近い肌で、もともとの肌より美しく透明感のある肌をめざします。決して手抜きではなく、ポイントをおさえたメイク方法でしっかりメイクしていないように見えるけれどきれいに見せ最大限に自分の魅力をひきだしましょう。一番大切なのはベースメークです。はじめに化粧水、乳液、美容液...

≫続きを読む

 

化粧下地の使い方

化粧下地の使い方次第で効果はかなり変わってきます。ファンデーションがきれいにつき、崩れにくくなったり、また紫外線や乾燥を防止し、肌をきれいに見せる効果もあります。化粧下地にはチューブタイプとクリームタイプ、乳液タイプがあります。季節や肌の状態に合わせてタイプを選びましょう。手のひらに化粧下地をとって...

≫続きを読む

 

コンシーラーの使い方

目の周りのくまを消す場合は肌が薄いので柔らかめのコンシーラーを選びます。ベースメイクのなかでファンデーションのあとにコンシーラーを使用します。目の下にできたくまの部分にすこしずつぽつぽつという感じでコンシーラーを少しのせます。そのあと目に向かって優しくのばしていき、なじませるようにします。きわが目立...

≫続きを読む

 

日焼け止めの必要性と塗り方

日焼け止めが必要なのは紫外線(UV)が肌に悪いと言われているからです。紫外線は日やけをし、肌が黒くなるばかりではありません。焼けるより乾燥するほうが怖いのです。肌の乾燥はしわや老化の原因になります。また光老化とも言われますが、長期的に紫外線を細胞の奥深くまで浴び続けていると皮膚のハリがなくなり、皮膚...

≫続きを読む

 

ファンデーションの種類

リキッドファンデーションはその名の通り液状のファンデーションです。水分が多いので薄づきです。手のひらにとってみると乳液くらいの感触でやわらかいタイプです。クリームファンデーションはリキッドより感触が固いタイプのものです。手にとっても広がることはなく油分が多くなっています。リキッドとクリームタイプは保...

≫続きを読む

 

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、肌に負担が少なく仕上がりがとても自然で人気です。つけたまま眠れるほど肌にやさしく低刺激なことや、専用のブラシでさっとつけるだけで仕上がってしまう手軽さも人気の理由です。肌の色に合わせ色の展開も多いので自分の1色をみつけることができます。またトラブルを抱えた肌でも使用できる...

≫続きを読む

 

フェイスパウダーの種類と使い方

フェイスパウダーとはファンデーションの後でつける仕上げパウダーです。フェイスパウダーはルースパウダーとプレストパウダーの2種類あります。ルースパウダーは粉状でさらさらとしているタイプのものです。粉がとても細かくて肌のきめをとても細かくととのえ軽く仕上がります。プレストパウダーは粉をおし固めたタイプの...

≫続きを読む

 

シートマスク・パックの種類

シートマスクやシートパックは顔のスペシャルケアと呼ばれていて、美容液をたっぷりしみこんだ紙で顔に直接はり使用します。顔に直接貼れるように目や鼻の部分に切れ込みがあったり、くりぬいてあるタイプのものがほとんどです。また顔の立体に合わせやすいように鼻から上と下に分かれていたり、切込みが入っているタイプも...

≫続きを読む

 

韓国パック・マスクの人気

韓国の美容関係の化粧品やグッズが日本でもとても人気がありますが、韓国のシートパックやシートマスクが特に人気になっています。人気の理由は種類がいろいろあってたくさんの中から自分の欲しいものを選べるからではないでしょうか。シートマスクやパックと聞くとなんだかとても高くて手が出にくいイメージがありますが、...

≫続きを読む

 

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)