コンシーラーの使い方

コンシーラーの使い方

目の周りのくまを消す場合は肌が薄いので柔らかめのコンシーラーを選びます。
ベースメイクのなかでファンデーションのあとにコンシーラーを使用します。
目の下にできたくまの部分にすこしずつぽつぽつという感じでコンシーラーを少しのせます。
そのあと目に向かって優しくのばしていき、なじませるようにします。
きわが目立たないまで馴染んだらフェイスパウダーを軽くとんとんとつけます。
決してごしごしとこすったり、何度も重ね塗りなどはしないようにしましょう。

ほほなどにできたシミをカバーするには少しハードタイプのコンシーラーを使います。
ファンデーションで肌を整えた後、ファンデーションと同じ色のコンシーラーを使用します。
コンシーラーを指か棒のようなもので少量とり、シミの上にポンっとのせます。
そのあと指でポンポンと軽くたたきながら回りとなじませていきます。
さらにフェイスパウダーをブラシで少しとりコンシーラーの上から軽くのせます。

ニキビ跡の場合をカバーするときもスティックや練上の固めのタイプを使います。
ファンデーションのあとニキビ跡部分にコンシーラーをトンと載せたら、あまり触らずに境目だけを指で軽くぼかすようにします。
そのあとにフェイスパウダーを軽くはたき、自然な仕上がりにします。
ニキビ跡ではなくまだ赤みがあるニキビや少しつぶれてしまっている場合は何もしないことをお勧めします。
しかし、どうしてもニキビを隠したいという場合にはニキビ専用の殺菌力のあるコンシーラーを選ぶといいでしょう。

コンシーラーの使い方関連ページ

ベースメイクの手順
ベースメイクの手順はまず洗顔からはじめます。やさしく洗顔フォームを顔になじませたら肌に負担のかからないように優しく洗います。
ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクの仕方は、素肌をより近い肌で、もともとの肌より美しく透明感のある肌をめざします。
化粧下地の使い方
化粧下地の使い方次第で効果はかなり変わってきます。ファンデーションがきれいにつき、崩れにくくなったり、また紫外線や乾燥を防止し、肌をきれいに見せる効果もあります。
日焼け止めの必要性と塗り方
日焼け止めが必要なのは紫外線(UV)が肌に悪いといわれているからです。紫外線は日やけをし肌が黒くなるばかりではありません。
ファンデーションの種類
最近では各メーカー独自のファンデーションがあり、リキッドタイプでもかなり固めのタイプやクリームタイプでもオイルフリーでさらさらしたタイプもあります。
ミネラルファンデーション
ミネラルファンデーションの良いところは、敏感肌の人やファンデーションが苦手な人でも使いやすいところです。薄づきで仕上がりがとっても軽いのにカバー力がすごく優れている点も人気です。
フェイスパウダーの種類と使い方
フェイスパウダーとはファンデーションの後でつける仕上げパウダーです。フェイスパウダーはルースパウダーとプレストパウダーの2種類あります。
シートマスク・パックの種類
シートマスクの種類は効果や香りで本当にたくさんの種類があります。美白、保湿、アイチエイジングなど目的や効果によって使いわけることができます。
韓国パック・マスクの人気
韓国の美容関係の化粧品やグッズが日本でもとても人気がありますが韓国のシートパックやシートマスクが特に人気になっています。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)