日焼け止めの必要性と塗り方

日焼け止めの必要性と塗り方

日焼け止めが必要なのは紫外線(UV)が肌に悪いと言われているからです。
紫外線は日やけをし、肌が黒くなるばかりではありません。
焼けるより乾燥するほうが怖いのです。
肌の乾燥はしわや老化の原因になります。

また光老化とも言われますが、長期的に紫外線を細胞の奥深くまで浴び続けていると皮膚のハリがなくなり、皮膚が老化し深いしわやたるみ、シミの原因になります。
また紫外線アレルギーや、紫外線によるダメージで細胞の再生が行われなくなり皮膚癌になったり、白内障の発症率を高めると言われています。
以前は赤ちゃんの健康のためにも日光浴が推奨されていましたが、最近では悪影響のほうが心配だということで言われなくり、日焼け止めや帽子などで防ぐようになりました。

日焼け止めの表示にはSPAとPAがありこれをみて購入する人がほとんどではないでしょうか。
SPFとは、紫外線防御係数のことです。
肌を赤くしたり日焼けを起こすのが紫外線β波です。
この紫外線β波をどれくらいの時間防止できるかということを数字で表したものがSPFとなります。
PAとはプロテクショングレイドオブUV-Aの略です。
紫外線が肌を黒くなるメラニンの黒化をどれだけ防げるかを表示したもので、+の数で表し+が多いほど効果がありますだからといってSPF値が高いとかPAの+の数が多いからといって長時間安全というわけではありません。
一人一人日焼けがはじまるまでの時間は違いますし、またつけた日焼け止めも汗で流れたり、顔をふいたりすると落ちていくからです。
日焼け止めの上手な塗り方はこまめに塗りなおすことです。

日焼け止めの必要性と塗り方関連ページ

ベースメイクの手順
ベースメイクの手順はまず洗顔からはじめます。やさしく洗顔フォームを顔になじませたら肌に負担のかからないように優しく洗います。
ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクの仕方は、素肌をより近い肌で、もともとの肌より美しく透明感のある肌をめざします。
化粧下地の使い方
化粧下地の使い方次第で効果はかなり変わってきます。ファンデーションがきれいにつき、崩れにくくなったり、また紫外線や乾燥を防止し、肌をきれいに見せる効果もあります。
コンシーラーの使い方
目の周りのくまを消す場合は肌が薄いので柔らかめのコンシーラーを選びます。ほほなどにできたシミをカバーするには少しハードタイプのコンシーラーを使います。
ファンデーションの種類
最近では各メーカー独自のファンデーションがあり、リキッドタイプでもかなり固めのタイプやクリームタイプでもオイルフリーでさらさらしたタイプもあります。
ミネラルファンデーション
ミネラルファンデーションの良いところは、敏感肌の人やファンデーションが苦手な人でも使いやすいところです。薄づきで仕上がりがとっても軽いのにカバー力がすごく優れている点も人気です。
フェイスパウダーの種類と使い方
フェイスパウダーとはファンデーションの後でつける仕上げパウダーです。フェイスパウダーはルースパウダーとプレストパウダーの2種類あります。
シートマスク・パックの種類
シートマスクの種類は効果や香りで本当にたくさんの種類があります。美白、保湿、アイチエイジングなど目的や効果によって使いわけることができます。
韓国パック・マスクの人気
韓国の美容関係の化粧品やグッズが日本でもとても人気がありますが韓国のシートパックやシートマスクが特に人気になっています。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)