コンディショナーとトリートメント

コンディショナーとトリートメント

シャンプーのあとコンディショナーやトリートメントをしますが、意外と違いは何かということは知られていません。
また、リンスをコンディショナーと表示してあるものもあり、何が違うのか疑問に感じる人も多いはずです。
まず、リンスとトリートメントですが、リンスは髪の表面に働きかけるのに対し、トリートメントは表面と内側から働きかけています。
リンスは髪の表面に油分で保護膜を作ることにより、シャンプーのあとの髪のすべりをよくすることでキューティクルが傷つくことを防止します。
また髪の水分蒸発をおさえるためパサつきを防止できます。
一方トリートメントは髪の毛の内部タンパク質成分などを浸透させることができるので、いたんだ部分に栄養を与え髪の状態を整えることができます。
また、広がりやすい髪を抑えたり、ボリュームを出すなど髪の質感を調整する機能があるものもあります。
ですから普段使いにはリンスを髪の痛みを直したい場合にはトリートメントを使用するとよいでしょう。

一般的にリンスとコンディショナーはどちらも髪の表面を保護しほとんど同じ働きがあるとされています。
メーカーによって呼び方が統一されていないというのもあります。
最近ではトリートメント効果のあるリンスやコンディショナーもあるのでますます違いがわからなくなっています。
またトリートメントは、リンスやコンディショナーの働きを兼ね備えているので、シャンプーの後はトリートメントだけとなります。

コンディショナーとトリートメント関連ページ

髪に優しいシャンプー
ヘアケアの基本といえば頭皮や髪を洗うこと、つまりシャンプーが基本といえます。髪や頭皮にやさしいシャンプーでおすすめなのはアミノ酸系のシャンプーです。
育毛・薄毛と頭皮シャンプー
最近育毛や薄毛対策に育毛剤だけでなく頭皮シャンプーが効果的だと人気になっています。髪を育てるためには頭皮が健康でなければいけません。
ヘアカラーの種類と特徴
ヘアカラーには何種類かありそれぞれ特徴も異なります。まず脱色剤であるブリーチから説明しましょう。髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解することで明るく脱色することができます。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)