ヘアカラーの種類と特徴

ヘアカラーの種類と特徴

ヘアカラーには何種類かありそれぞれ特徴も異なります。
まず脱色剤であるブリーチから説明しましょう。
髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解することで明るく脱色することができます。
髪が生え変わるまでは効果は持続します。
酸化染料によるアレルギー作用がないのが利点です。
しかし髪へのダメージは大きいのが欠点です。

永久染毛剤であるヘアカラーは、メラニン色素を分解して脱色した染料を髪の内部に浸透させることで染めることができます。
一度に髪全体を染めることができ洗髪で色がおちることなどはありません。
市販でも液状タイプやジェルタイプなど全体を染めるもの、また生え際だけ部分的に染めたい場合にはクリームタイプがよく利用されています。
またアルカリ性酸化染毛剤と中性酸化染毛剤があります。
アレルギーがおこりかぶれることがあるので、パッチテストなどで試す必要があります。
またヘアカラーとパーマは同時にすると髪に負担がかかりやすいのでできれば1週間はあけたほうが良いとされています。

半永久染毛料のヘアマニキュアはメラニン色素を脱色するのではなく染料が髪の表面のキューティクルと表面近くの内側あたりに染料が浸透します。
髪に色のニュアンスがはいり、艶を与えることができます。
白髪の場合は自然な感じで色がでますが、黒髪の場合は雰囲気程度でしょう。
2週間から3週間ほど持続し、洗髪のたびに色は落ちていきます。
一時的に白髪を隠したいとか、色を付けたいというときは一時着色剤であるカラースプレーなどが便利です。
髪の表面に色をつけるのです。ですから、洗髪ですぐ落とすことができます。

ヘアカラーの種類と特徴関連ページ

髪に優しいシャンプー
ヘアケアの基本といえば頭皮や髪を洗うこと、つまりシャンプーが基本といえます。髪や頭皮にやさしいシャンプーでおすすめなのはアミノ酸系のシャンプーです。
コンディショナーとトリートメント
シャンプーのあとコンディショナーやトリートメントをしますが、意外と違いは何かということは知られていません。
育毛・薄毛と頭皮シャンプー
最近育毛や薄毛対策に育毛剤だけでなく頭皮シャンプーが効果的だと人気になっています。髪を育てるためには頭皮が健康でなければいけません。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)