アイライナーの種類と引き方

アイライナーの種類と引き方

アイライナーとは目元のメイクアイテムのひとつで、目の際にラインを引くことによって目の形をはっきりさせたり大きく見せる効果があります。
アイライナーには種類がいくつかあります。

一つ目がペンシルアイライナーです。
固形のタイプで削って使う鉛筆のようなタイプと芯をだす太いシャープペンシルのようなカートリッジ式があります。
とても書きやすいので初めての人でも簡単に上手に使えます。
また芯が柔らかめのタイプを選ぶと目の際に書くときにあまり強く書かなくていいので安全です。
二つ目がリキッドタイプのアイライナーです。
液状のタイプでまるでマジックペンや筆ペンのような形です。
筆部分が筆ペンになっているものとフェルトのタイプがあります。
初めて使う人や苦手な人は先が割れにくいのでフェルトタイプのほうが使いやすいでしょう。
ラインの色や濃さがかなり商品によって異なりますので、自分の使いやすいものをテスターで試してみたほうがいいでしょう。
三つ目がジェルタイプのアイライナーです。
その名の通り、ジェルになっていてマニキュアのような小瓶に入っているタイプがほとんどです。
ふたをとりアイライナー用のブラシに少しずつとりラインを書いていきます。アイライナーのなかでは一番乾きやすく落ちにくいところがメリットです。

アイラインの書き方のポイントは、まず上のラインはまつ毛の際あたりにラインを引きます。
まぶたを少し閉じて書くとまつ毛の生え際が見えやすくなるのでラインが引きやすくなるでしょう。
一度に引くのは難しいのでまつ毛の間を埋めるように少しずつ書いていくとうまくいきます。
下のラインは目の外側から黒目の下あたりまでを下のまつ毛を埋めるように書いていきます。
また、上も下もアイラインを引き終わった後はアイブロウのチップや綿棒などでラインをぼかし馴染ませると自然に仕上がります。

アイライナーの種類と引き方関連ページ

メイクアップの基本手順
メイクアップの基本手順は大きく2つの流れがあり、まずベースメイクで肌の土台を整えてから、ポイントメイクで目を中心にアクセントをつけていきます。
アイシャドウの選び方・塗り方
顔の印象を手軽に変えることのできるアイシャドウですが、種類や色が多くそれぞれの特徴をうまくとらえるとアイメイクの幅がとても広がります。
マスカラの選び方・塗り方
マスカラを選ぶときは、自分がどのようなまつ毛になりたいかということがポイントとなります。・・・マスカラの塗り方は、まずまぶたの中央部分からブラシをまつ毛の根元にあてゆっくり上に引き上げます。
アイブロウの種類と使い方
眉毛を整えるための化粧品であるアイブロウには種類が何種類かあります。なりたいイメージに近づけるタイプを使用しますが、何種類か組み合わせて使うことで美しくて自然な形に整えることができます。
眉毛の整え方
眉毛は形や生え方、色など人それぞれ違いますが、少しお手入れするだけで顔の印象がぐっとよくなります。眉毛の整え方はコツさえ覚えれば自分でもできるので、ぜひ挑戦したいものです。
グロス(口紅)の選び方
グロスや口紅の選び方で顔の印象ががらりと変わります。わかりやすいのはつける色です。口紅やグロスの色で印象をアレンジしていきませんか?
チークの入れ方
ベースメイクで整えた肌をさらに美しく仕上げるのに欠かせないのがチークです。顔全体を引き締めたり、小顔に見せることも可能です。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)