アイシャドウの選び方・塗り方

アイシャドウの選び方・塗り方

顔の印象を手軽に変えることのできるアイシャドウですが、種類や色が多く、それぞれの特徴をうまくとらえると、アイメイクの幅がとても広がります。

アイシャドウの選び方は基本的には好きな色を選ぶのですが、いつもと違うものを選ぶと垢ぬけてみえることもあります。

基本的に使えるのは肌に近い色です。
ベージュ系やブラウン系は肌なじみもよく、とても幅広く利用できて失敗も少ないでしょう。
ベージュからブラウンへとグラデーションを利用すれば、まぶたに奥行きがうまれ、立体的な目元になれますよ。

おススメは、いま大人気のルナソルから、
ルナソル スキンモデリングアイズ(アイシャドウ) #01(Beige Beige) 【32%OFF】

また同じブラウン系でも一重やおく二重の人は赤みの強いタイプが目元をふっくらさせる効果があるのでぴったりです。

おススメは、
カネボウ ルナソル(LUNASOL)ペタルピュアアイズ#01 #02 #03 アイシャドウ


逆にもともと目の印象の強い人は、赤みの強いタイプは目を腫れぼったく見せるので、少し黒の入ったもので引き締めるとすっきり見えるでしょう。

おススメは、
カネボウ ルナソル(LUNASOL)スリーディメンショナルアイズ#01 #02 #03 #04 #05 アイシャドウ


また、自分の肌の色になじむ色をパーソナルカラーと呼びますが知っておくのもいいでしょう。
アイシャドウを選ぶときにパーソナルカラーを取り入れると、肌に透明感がうまれ魅力的な目元になれます。

アイシャドウの塗り方は、アイシャドウの種類によって異なります。
クリームタイプやジェルタイプの場合は指にちょっとつけて少しずつ伸ばしていくという方法があります。

よく使用されているパウダータイプはチップやブラシを使います。
アイホールを明るめの色にし、目の際を濃い目の色を載せていきます。
アイシャドウの専用のブラシも売られていて、目の際用、アイホール用など数種類分かれていてそろえるのが大変なのですが、初めての人でもとてもきれいなアイメイクができるのでおすすめです。

アイシャドウの選び方・塗り方関連ページ

メイクアップの基本手順
メイクアップの基本手順は大きく2つの流れがあり、まずベースメイクで肌の土台を整えてから、ポイントメイクで目を中心にアクセントをつけていきます。
アイライナーの種類と引き方
アイライナーとは目元のメイクアイテムのひとつで、目の際にラインを引くことによって目の形をはっきりさせたり大きく見せる効果があります。
マスカラの選び方・塗り方
マスカラを選ぶときは、自分がどのようなまつ毛になりたいかということがポイントとなります。・・・マスカラの塗り方は、まずまぶたの中央部分からブラシをまつ毛の根元にあてゆっくり上に引き上げます。
アイブロウの種類と使い方
眉毛を整えるための化粧品であるアイブロウには種類が何種類かあります。なりたいイメージに近づけるタイプを使用しますが、何種類か組み合わせて使うことで美しくて自然な形に整えることができます。
眉毛の整え方
眉毛は形や生え方、色など人それぞれ違いますが、少しお手入れするだけで顔の印象がぐっとよくなります。眉毛の整え方はコツさえ覚えれば自分でもできるので、ぜひ挑戦したいものです。
グロス(口紅)の選び方
グロスや口紅の選び方で顔の印象ががらりと変わります。わかりやすいのはつける色です。口紅やグロスの色で印象をアレンジしていきませんか?
チークの入れ方
ベースメイクで整えた肌をさらに美しく仕上げるのに欠かせないのがチークです。顔全体を引き締めたり、小顔に見せることも可能です。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)