アイブロウの種類と使い方

アイブロウの種類と使い方

眉毛を整えるための化粧品であるアイブロウには種類が何種類かあります。
なりたいイメージに近づけるタイプを使用しますが、何種類か組み合わせて使うことで美しくて自然な形に整えることができます。
一番利用されているのはペンシルアイブロウです。
鉛筆のようなタイプとシャープペンシルのように芯を繰り出して使うタイプがあります。
使用感としてはしっかりした仕上がりで色や種類がとても多くそろっています。
美しいラインをかきやすく仕上げがきれいなのが特徴です。
アイブロウペンシルの使い方は、眉山から眉尻に向かってかきます。
一気にかくというよりは少しずつ重ねていくように先を動かしていきます。
眉頭は薄めにし、眉尻はペン先をとがらせるとシャープになります。

より自然な仕上がりになるのはパウダーアイブロウのタイプです。
生え方にムラがある場合や薄い人でも簡単に色をのせると補正できます。
ペンシルタイプが濃くシャープな印象に対して、パウダータイプは柔らかく優しいイメージがあります。
また、色を混ぜて眉の色を調整することも可能です。
使い方としてはパウダーをブラシにとり眉山のほうから眉尻のほうにむかってパウダーをのせていきます。
眉尻などはブラシを立て気味にしてはっきりとかくとしまります。
眉尻だけペンシルと併用するとよりきれいな眉が作れます。

最後に、眉マスカラを使って毛の流れを作りカバーすると断然持ちがよくなります。
また眉毛の細い人や薄い人は色つきのものを使うとボリュームもだせます。
また、髪の毛が茶色など明るい色の場合、眉毛と髪の毛の色が違いすぎて不自然に感じることがあります。
自然な眉にしたいときにはもともとの眉毛の色と髪の毛の色の間くらいに色をあわせるととても自然な仕上がりになります。
眉毛をカラーリングする方法もあるのですが、もっと簡単にするには眉マスカラが便利です。

アイブロウの種類と使い方関連ページ

メイクアップの基本手順
メイクアップの基本手順は大きく2つの流れがあり、まずベースメイクで肌の土台を整えてから、ポイントメイクで目を中心にアクセントをつけていきます。
アイライナーの種類と引き方
アイライナーとは目元のメイクアイテムのひとつで、目の際にラインを引くことによって目の形をはっきりさせたり大きく見せる効果があります。
アイシャドウの選び方・塗り方
顔の印象を手軽に変えることのできるアイシャドウですが、種類や色が多くそれぞれの特徴をうまくとらえるとアイメイクの幅がとても広がります。
マスカラの選び方・塗り方
マスカラを選ぶときは、自分がどのようなまつ毛になりたいかということがポイントとなります。・・・マスカラの塗り方は、まずまぶたの中央部分からブラシをまつ毛の根元にあてゆっくり上に引き上げます。
眉毛の整え方
眉毛は形や生え方、色など人それぞれ違いますが、少しお手入れするだけで顔の印象がぐっとよくなります。眉毛の整え方はコツさえ覚えれば自分でもできるので、ぜひ挑戦したいものです。
グロス(口紅)の選び方
グロスや口紅の選び方で顔の印象ががらりと変わります。わかりやすいのはつける色です。口紅やグロスの色で印象をアレンジしていきませんか?
チークの入れ方
ベースメイクで整えた肌をさらに美しく仕上げるのに欠かせないのがチークです。顔全体を引き締めたり、小顔に見せることも可能です。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)