チークの入れ方

チークの入れ方

ベースメイクで整えた肌をさらに美しく仕上げるのに欠かせないのがチークです。
顔全体を引き締めたり、小顔に見せることも可能です。
しかしチークの入れ方がわからないという人も多く、逆に大きな顔に見せたり、化粧が濃く見えたりすることもあります。

チークの入れ方はまずどこの場所にするかを決めます。
黒目の下からあごまでを直線でひき、上から3分の1のところから入れ始めるといいでしょう。
ちょうどほほの高いところあたりになるはずです。
チークブラシにチークを取ったあと、いらない粉を落とします。
ティッシュの上で払うとうまく落ち、付き方にむらがでるのを防げます。
入れはじめるポイントから耳の付け根のほうにむかって円を描くようにします。
耳のつけ根あたりまでブラシを運んだら最初の場所までまた円を描くように戻ってきます。
チークを途中で足したり、最初の余分な粉を払うことを省いてしまうと濃くつきすぎてしまいますので注意しましょう。

使用するチークブラシは専用のもをを使うと仕上がりが格段によくなります。
また初めてチークを選ぶときは肌になじみやすいコーラル系のオレンジを選ぶといいでしょう。
また顔を丸く見せたい場合には、ブラシで描くとき丸を描くイメージでチークを入れましょう。
逆に丸顔が悩みでシャープな印象に見せたいときにはいれはじめのポイントから斜め上にむかってブラシを動かすと引き締まって見えます。
チークを入れると肌の色も健康的で明るく変わります。
また立体感も生まれるので小顔効果が期待できるのです。

チークの入れ方関連ページ

メイクアップの基本手順
メイクアップの基本手順は大きく2つの流れがあり、まずベースメイクで肌の土台を整えてから、ポイントメイクで目を中心にアクセントをつけていきます。
アイライナーの種類と引き方
アイライナーとは目元のメイクアイテムのひとつで、目の際にラインを引くことによって目の形をはっきりさせたり大きく見せる効果があります。
アイシャドウの選び方・塗り方
顔の印象を手軽に変えることのできるアイシャドウですが、種類や色が多くそれぞれの特徴をうまくとらえるとアイメイクの幅がとても広がります。
マスカラの選び方・塗り方
マスカラを選ぶときは、自分がどのようなまつ毛になりたいかということがポイントとなります。・・・マスカラの塗り方は、まずまぶたの中央部分からブラシをまつ毛の根元にあてゆっくり上に引き上げます。
アイブロウの種類と使い方
眉毛を整えるための化粧品であるアイブロウには種類が何種類かあります。なりたいイメージに近づけるタイプを使用しますが、何種類か組み合わせて使うことで美しくて自然な形に整えることができます。
眉毛の整え方
眉毛は形や生え方、色など人それぞれ違いますが、少しお手入れするだけで顔の印象がぐっとよくなります。眉毛の整え方はコツさえ覚えれば自分でもできるので、ぜひ挑戦したいものです。
グロス(口紅)の選び方
グロスや口紅の選び方で顔の印象ががらりと変わります。わかりやすいのはつける色です。口紅やグロスの色で印象をアレンジしていきませんか?

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)