ネイルケアの方法

ネイルケアの方法

ネイルをきれいにすると指先がとても美しく見え、きちんとしている印象を与えます。
美しく健康的な爪を維持するために、ネイルケアの方法を知ることが大事です。

まず爪の形を整えることからはじめます。
爪の長さや形を整えますが爪専用のやすりであるネイルファイルを使います。
爪の先端から整えていき、サイド、最後に角を整えます。
爪に対して45度ほどの角度をつけて削ります。
次に甘皮やルーズスキンをケアします。
爪と皮膚の間にある甘皮は放っておくと見た目もよくないうえにネイルを塗るところが少なくなってしまいます。
またルーズスキンとよばれる甘皮の下の薄い皮膚を取り除くことで爪の表面が凸凹しなくなる効果もあります。
ネイルサロンではニッパーを使用してカットするのですが、とても高い技術が必要です。
自分で取り除く場合はお湯に指先をいれ甘皮や皮膚を柔らかくした後、コットンスティックなどで甘皮を持ち上げます。
指先に少し濡らしたガーゼなどを巻き付けて甘皮を円を描くように動かしてルーズスキンを取り除くようにします。

次は爪自体の表面を滑らかにするバッファリングをします。
バッファリングとは爪の表面を少し削ることで表面を平らにすることです。
最初に一番粗いバッファーででこぼこをとります。
次にもう少し細かいバッファーで滑らかになるように磨きます。
光沢をだすときには最後に鹿皮のバッファーで磨きましょう。
爪がきれいになったらハンドクリームをつけてマッサージをしておきます。
最後にベースコートを塗って爪にさらに艶をだし、強度があがるので保護する働きがあります。

ネイルケアの方法関連ページ

ジェルネイルのやり方
ジェルネイルはアクリル合成樹脂をUVライトにあてかためてできるタイプの人工爪です。種類がオフするとき削り落とすタイプのハードタイプと専用の溶剤でオフするソフトタイプがあります。
ネイルアートとネイルチップ
ネイルアートと呼ばれるものは小さな爪に装飾することすべてをさします。またネイルチップと呼ばれるネールアートを施した爪の形の樹脂を両面テープや接着剤で着けるというものもあります。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)