クレンジングの役割と大切さ

クレンジングの役割と大切さ

クレンジングと洗顔は、スキンケアの基本です。
クレンジングと洗顔をおろそかにしていると、どんなに美肌効果のある美容液を使っても、効果は期待できないでしょう。

少なくともファンデーション以上のメイクをしているならば、クレンジングと洗顔フォーム(洗顔石鹸)によるダブル洗顔を行いましょう。

まずクレンジングの目的はメイクを落とすことです。
肌に定着したメイク料をなじませて、ぬるま湯で流したり拭き取ったりします。

洗顔フォームや洗顔石鹸は、肌表面の汚れをさっぱりと取るものです。

ですので、洗顔フォームや洗顔石鹸で2度洗うのは、ダブル洗顔になりません。
毛穴の深部に入ったメイクの脂分や汚れが取れないからです。
それどころか、かえって表面の皮脂まで洗い流されて、つっぱってきます。

ファンデーション不要の化粧下地やプレストパウダー(固形おしろい)、ルースパウダー(粉おしろい)、チークなどだけでメイクされている場合は、クレンジング剤を使うとかえって肌を痛めてしまうことがありますので、洗顔フォームや洗顔石鹸などの泡立つ洗顔料だけで洗い流せば大丈夫です。

クレンジング剤を選ぶときは、簡単にきれいにメイクを落とすことだけを考えれば、洗浄力が強いクレンジングを使えば良いわけですが、大事なお肌のことを考えるとそう簡単にはいきません。
逆に、肌に優しいことばかり考えてクレンジングを選ぶと、メイク汚れが残ったり、こすり過ぎて肌を痛めたりすることもあります。
大事なのは、あなたの肌とメイクに合った、クレンジングを選ぶことなのです。

クレンジングの役割と大切さ関連ページ

界面活性剤の都市伝説
クレンジングを選ぶときによく話題になる界面活性剤について、先にお話ししておきましょう。
クレンジングの種類と特徴(1)
クレンジング剤はスキンケアアイテムの中で最も肌を痛めやすいものですので、価格やランキングなどにとらわれず、あなたの肌とメイクに合ったものを選ぶことが大切です。
クレンジングの種類と特徴(2)
クレンジング剤はスキンケアアイテムの中で最も肌を痛めやすいものですので、価格やランキングなどにとらわれず、あなたの肌とメイクに合ったものを選ぶことが大切です。
洗顔料の種類と選び方
クレンジングがメイク料を落とすために使うのに対して、洗顔料は、顔の表面の脂汚れを落とすために使います。ファンデーションを使っている場合は、洗顔料だけでは落ちませんので、必ずクレンジングと洗顔料でのダブル洗顔を行いましょう。
アミノソープは敏感肌に良い
アミノソープの第1の特徴は、界面活性剤未使用で、石けん素地も使っていないということ。アミノ酸洗浄成分だけで汚れを落とすので、肌への負担が全くありません。
化粧水の役割と選び方
洗顔後にはまず、化粧水(ローション)を使うという方が多いと思いますが、化粧水は乾燥した肌に水分を補給するという意味では効果があります。化粧水で保湿成分まで考えるのなら、「安定型ビタミンC誘導体」「高純度ビタミンC誘導体」などと書かれているものをお奨めします。
美容液の目的と種類
美容液は通常、洗顔後に化粧水で水分を補給した後につけるものですが、その目的は主に、保湿、美白、アンチエイジングにあります。
美容液の保湿成分
洗顔の後にはまず水分を補給するために化粧水を使いますが、しっかりと保湿するためには化粧水だけでは不十分ですので、化粧水の後に保湿成分が入った美容液をセットで使うようにしましょう。
乳液・クリームの役割と効果
乳液は以前に比べるとあまり使われなくなってきました。肌の保湿というのは、セラミドなどの角質細胞間脂質が水分と結合して保たれているということがよく分かるようになって、乳液の使用頻度が減ってきたのです。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)