界面活性剤の都市伝説

界面活性剤の都市伝説

クレンジングを選ぶときによく話題になる界面活性剤について、先にお話ししておきましょう。

界面活性剤というと、住宅用洗剤に含まれているものを想像してしまい、とにかく肌につけるものには入っていない方が良いと思っている方が結構いらっしゃるようです。
特に、クレンジング剤に入っている界面活性剤には、風当たりが強いようですね。

ところが、この界面活性剤が無いと化粧品は製造できません。
また、一口に界面活性剤と言っても色々な種類があって、肌に優しいものもあるのです。
それを今からご説明していきます。

界面活性剤の働きを一言でいうと、水分にも油分にも(汚れにも)くっつくこと。
このくっつく性質を利用して、界面活性剤は様々な用途に使われています。

まず乳化剤としての利用。つまり水と油が混ざり合った状態を維持するために使います。
調味料や加工食品、乳飲料、医薬品にも使われます。
化粧品では、クリームや乳液など、乳化されているものは界面活性剤があるからできるのです。
乳化剤として使用された界面活性剤は、すでにその効力を使いきっていますので、肌につけてもすぐに悪いことは起こりません。
また乳化剤としてよく使われるグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルなどは、天然素材由来のものですので人体に影響はありません。
但し、石油系の合成界面活性剤は、元々その原料に問題があるので、入っていない方が良いということです。

次に、界面活性剤は油分や汚れにくっつくことから、洗剤や洗顔料に利用されています。
洗浄のために使われる界面活性剤は、基本的にはどんなものでも肌に使い過ぎると、肌に必要な成分まで奪われてしまいますので注意が必要です。
クレンジングの際、もしメイク料を落とすのに必要な洗浄力以上の界面活性剤の量があると、皮膚の皮脂とくっついたり、保湿のために必要な大事な成分であるセラミドとくっついたりして、一緒に洗い流されてしまいます。
ですから、ご自分のメイクとクレンジングの相性は大事なんですね。
あまり時間をかけすぎずに、メイク料が馴染んだらサッと落とすことも大事です。
石油系の合成界面活性剤は入っていない方が良いというのは、クレンジングの場合は特に重要になります。
アミノ酸系や脂肪酸系のものは、天然系界面活性剤です。
クレンジング剤の種類と特徴については、別の記事で詳しくご説明します。

洗顔フォームや洗顔石けんによく使われる「石けん素地」も界面活性剤で、動植物性油脂とアルカリ(苛性ソーダなど)を反応させた脂肪酸ナトリウムですが、これは天然素材由来のものですので余分な添加物が入っていなければ人体には安全です。
洗浄力はクレンジング剤より弱いですが、肌表面の洗浄にはこれで十分です。

界面活性剤の都市伝説関連ページ

クレンジングの役割と大切さ
クレンジングと洗顔は、スキンケアの基本です。クレンジングと洗顔をおろそかにしていると、どんなに美肌効果のある美容液を使っても、効果は期待できないでしょう。
クレンジングの種類と特徴(1)
クレンジング剤はスキンケアアイテムの中で最も肌を痛めやすいものですので、価格やランキングなどにとらわれず、あなたの肌とメイクに合ったものを選ぶことが大切です。
クレンジングの種類と特徴(2)
クレンジング剤はスキンケアアイテムの中で最も肌を痛めやすいものですので、価格やランキングなどにとらわれず、あなたの肌とメイクに合ったものを選ぶことが大切です。
洗顔料の種類と選び方
クレンジングがメイク料を落とすために使うのに対して、洗顔料は、顔の表面の脂汚れを落とすために使います。ファンデーションを使っている場合は、洗顔料だけでは落ちませんので、必ずクレンジングと洗顔料でのダブル洗顔を行いましょう。
アミノソープは敏感肌に良い
アミノソープの第1の特徴は、界面活性剤未使用で、石けん素地も使っていないということ。アミノ酸洗浄成分だけで汚れを落とすので、肌への負担が全くありません。
化粧水の役割と選び方
洗顔後にはまず、化粧水(ローション)を使うという方が多いと思いますが、化粧水は乾燥した肌に水分を補給するという意味では効果があります。化粧水で保湿成分まで考えるのなら、「安定型ビタミンC誘導体」「高純度ビタミンC誘導体」などと書かれているものをお奨めします。
美容液の目的と種類
美容液は通常、洗顔後に化粧水で水分を補給した後につけるものですが、その目的は主に、保湿、美白、アンチエイジングにあります。
美容液の保湿成分
洗顔の後にはまず水分を補給するために化粧水を使いますが、しっかりと保湿するためには化粧水だけでは不十分ですので、化粧水の後に保湿成分が入った美容液をセットで使うようにしましょう。
乳液・クリームの役割と効果
乳液は以前に比べるとあまり使われなくなってきました。肌の保湿というのは、セラミドなどの角質細胞間脂質が水分と結合して保たれているということがよく分かるようになって、乳液の使用頻度が減ってきたのです。

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)